*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.09.12 (Fri)

むかし むかし

夕べはちょっと酒を飲みました♪

なんかワクワクするマシンが出るとわかると、
いつもそんなんだけどね。笑

昔話になるけど、時代は 確か トヨタ2000GTや、スカイラインGTR A型、B型。

山本リンダの 'こまっちゃうな~' の頃。

モトクロスは、スズキ、カワサキ、ヤマハ の3社で、
若者の心を捕らえまくり、本当ににぎわってた。(3社だぜ!?信じられる?)

オフロードのコースだって、30キロもトランポで走れば、いくらでもあった時代。

3社のみで盛り上がらず、ぜひ!と、全国の販売店からの 要望もあって、
この年 ホンダもモトクロスに参入する事になったんだ。

なんとラッキーな事に、開発テスト、ライダーとして、オレに声がかかった。

はじめは4ストで開発、、という事。 自分的にはエンジンはすごく速い!と思ったが、
ギャップが遅くて、軽いエンジンの2サイクルに変更となったんだ。

そこからホンダがチャンピオンを取るまで、世界のホンダといえども、
10年もかかったんだからね、モトクロス界。

オフロードバイクの設計と開発とは、すごく難しいことなんだよね。

要するに、ライダーがコントロールするコトを、一番に開発に取り入れなきゃいけないモータースポーツのマシンなんだよね。ホントに難しいんだ。

よく ビキナーライダーが、「小さいマシンは軽くていいんだけど、接地感がない。大きいマシンは接地感はあるけど 重くて さらにパワーがありすぎて怖い。」っていうでしょう。

免許取立ての人だったら別だけど、多少経験がある人だったら、

「コントロールしやすいパワーなら、あるに越したことはない。」

って感じるよね。

バランスを崩しかけたときの修復だって、パワーが解決してくれることが多い。

CRF450R 2009年は、エンジンの位置が 物凄くいいと思う。

オフローダーたるもの、「走ったらすごく楽しい!」と 思わせてくれるマシンがもっとも良いマシン。

それから自然とスピードがついてくるっていう感じになるのだと思う。

誰が乗ってもビックリするくらい楽しく安心して走れる、、。

それって、夢のマシンだよね♪とにかく楽しみです。

↓むかしむかしの写真。勝つために全てを費やしてた頃。
DSCF4272.jpg

↓気分がCRF450Rで、なんだかホンダだった。笑 ホンダのピットシャツ着てご機嫌ってワケで、、笑笑 少しはしゃぎすぎかい???笑
DSCF4269.jpg


21:11  |  W松のひとりごと  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

この記事のトラックバックURL

→http://wmatsu.blog82.fc2.com/tb.php/63-3803f3c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。