*All archives   *Admin

2013.05.24 (Fri)

水野直子の『え!全日本モトクロス出場?マジ、ウソ、ホント!?②』

--------
この物語は実話である。
一人の楽しくモトクロスをしている少女の、
最も 長い 短い 全日本モトクロスまでの道のりである。www
ウイリー松浦(著者)
--------


前回の話のかんじだと、

わたしが ぽよ~ん と 何事もなくバイクに乗り続けてきたと思う人もいるけど、

2度ほどコワイ思いをした事がある。

QRに乗り始めた小さい頃、転倒すると自分で起こせなくて、とうちゃんがおこしてくれていた。

F1000111.jpg






そこまではよかったんだけど、

走り出したら アクセルがもどらなかった。

どんどん速くなっていく汗汗

まるでQRに誘拐されたみたいなかんじで、涙がちょちょぎれた。。。。!

そのまますごい勢いで草むらに突っ込んで、怖かった。。。。

とうちゃんは ぼーっと石みたいになって、その後すぐに おおおおおといいながら ダッシュしてきた。

『なおこ、なおこ 汗汗 よかった無事か よかった無事でよかった汗涙・・・!1回目の転倒で ○×▼※(たぶんアクセルグリップカラー)が奥に入ったんだね、とうちゃんが悪かった。。。!ごめんな、ごめん!』

grip.jpg

一生懸命 直してくれた。

わたしは よれよれのとーちゃん(たぶん涙でゆがんでたんだな)を じーっとにらんだあと、また走り出した記憶がある。

たぶん原因がわかったんで、納得したんだと思う。







2度目は、KX65で、松浦さんが模擬レースをやってくれている最中。

708618851_61.jpg


フロントからすべって転んだんだけど、


DSCF0282.jpg



どこでどうなったのか、太もももをひどく切ってしまった。

なんか足が熱いな、と思ったら、見る見る血がにじんできて怖かった。

でも、いまだにどうしてこんなキズになったのかがわからない。かーちゃんもこんなことは見た事がないっていっていた。モトパンにはキズひとつないのに、肌だけ切れてた。(???不思議だった)

このときは、一ヶ月くらいバイクにのれなかったけど、治ってまた乗った時には、

松浦さん(わたしがもうバイクに乗らなくなると思っていた)は、

『おおお・・・!なおこ、なおこは本当にバイクが好きなんだな~』

と、顔がくしゃくしゃになってた。




あぶない あぶない そば に行くと、ひーちゃんみたいに キビシク 教えられてしまう。

なるべく はなれなくちゃ。。と思った記憶がある。




全日本モトクロスの北海道に出ることになったけど、決まってからの短い間に、松浦さんに教えてもらったり、やったりしたことを、次に書きたいと思います。

松浦さんいわく、入賞とか ポイントとかなると、他のみんなは すごく速いから むずかしいよ、ただ 一度 出てみて、経験するのに 北海道の大会はいいと思う と言っていた。


わたしの尊敬するライダーは、ひーちゃん。

平日はテスト勉強するいたいに がんがん仕事して、練習はきついと思うのに、土日は ずっと長く乗って練習しているから。


あこがれるライダーは、川村真理子さん。ぴょんぴょん、がんがん カモシカみたいに速くって、天才だ。


あれ??ちょっとまて。


ひょっとすると、ひーちゃん と 川村真理子さん と 同じスタートラインに並ぶってことか。


げげげ、、、こわっ・・・・・・汗

-----------③につづく
11:20  |  スポット連載?笑  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

この記事のトラックバックURL

→http://wmatsu.blog82.fc2.com/tb.php/238-407bd794
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |