*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.08.28 (Sat)

軽トラも進化していた。

オレの時代は、16歳で軽自動車を運転できる免許が取れた。

それまでリアカーやアニキに乗せていってもらってたが、免許取得後初めてのトランポのハイゼット!

解体屋で3万円で買った。嬉しかった!

↓富士スピードウエイに練習に行った時の写真。トランポは解体屋から買ったハイゼット。積んであるマシンは、カワサキ市販モトクロッサーのGIM90。今みたいにタイダウンがなかったから、ロープでぐるぐるなんだよね。笑 しかも、ラダーレールは木の板。
kei_wmatu.jpg

当時は【ワンボックス】なんてのが無かったから、プライベートチームは みんな軽トラだった。しかも2サイクルが主流だったんで、煙もくもくだ。笑

ガソリンは35円/1リットルくらいだったんだ。

しかしこのハイゼット、当時の谷田部のコースの帰りの国道6号線の下り坂で100キロ出したら、助手席の兄貴が急に『いてぇええええ!』と叫んだ。

見ると、シートを突き破ってピストンが飛び出てきたんだ。。。!

当然兄貴のケツも血だらけ。ごめんよ。笑笑

その次のトランポは、ホンダのAK360。こいつは360ccでDOHCの4気筒。F1みたいな音はするけど、なぜかすごく遅い。

八王子のサマーランドのレースに出場する時も、女の子が4人乗った スズキフロンティアSSに、手を振って抜かれて悔しかった。レース前なのに縁起でもね~。笑笑

その次のは ホンダTN360。これは良かった。トルクもあって、加速も良く、軽く100キロ以上出る。しかもオレのは後がカーゴ(パネル)だったんで、前日からレース場でのキャンプも余裕で、いうなれば今のワンボックスの原点だったと思う。

思いっきり時代は飛んで、新型アクティートラックが来た♪

acty_01.jpg

バイクを運搬するには、やっぱ軽トラック最高。

なんだけどさ、オレ、ユウヤ、ジュン、全員 180cm越えの大男が使うとなると、足やら頭やらつっかえまくる軽トラックじゃ苦しくてダメなんだ。。。

で、コックピットの広さで換算したら、ホンダの新しい軽トラックしかなかったというワケだ。苦笑

いやしかし、今の軽トラックすげー。広くてエンジン静かで、ミッションのフィーリングがよくなってる。

大男×3名 が超お気に入りです。笑笑

さ~!モリモリ働くぞ!!!!


スポンサーサイト
17:56  |  W松のひとりごと  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.08.21 (Sat)

親が伝えてくれたこと

オレの親父は、もう20年以上前になくなっている。

お袋は 93歳で、昨日亡くなった。

オレは九州の島原の派出所で生まれ、お袋はいつも庭にござを広げて そうめんや天ぷらで近所の人たちと ホームパーティーの先駆け見たいな事をしていたのを 子供心に覚えている。

いつもお袋の周りには人がたくさんいて、オレは親だけでなく 近所の人にも 誉められ怒られというような環境で育った。

小学生になるころ東京に上京した。

やっぱりお袋の周りには人がいるパターンにいつしかなっていた。

厳しいところも多分にあり、レースでの言い訳は絶対に聞き入れてくれなかった。

『わが そぎゃんこというから勝てんとよ。』

一言である。

バイク屋を始めたころは、

『お客さんに感謝すること。それさえあれば次やらなきゃいけん事もみえてくるとよ。』

最近では見舞いにいくと、

『お前、親を大事にせんで成功した人はおらんとよ。たまに来んと、うったたくぞ。』

てな調子でした。

お袋の知り合いはいまではほとんど他界し、親戚で生きている人でも 遠い場所に住んでいるから、『身内だけでやりなさい。』という 本人の確たる遺志があったが、戸田さんが 急なスケジュールの中 可能な範囲で声をかけてくれ、たくさんの生花や、懐かしい顔ぶれで、長寿を祝う和やかな通夜となった。

お袋、あんなカンジの和やかなの大好きだったんです。

みなさん いろいろありがとうございました。

granma.jpg

F1250002.jpg

F1250001.jpg
18:00  |  W松のひとりごと  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。