*All archives   *Admin

2009.05.18 (Mon)

良い週末でした

ガッツ木更津の金曜日、ガッツリほこり対策を済ませ(これが意外と大変だったが、、)、土曜日に突入。

この日は、地元勢も多く、自分はコース管理の合間に CRF/09 の慣らしをしました。

久々の新車。(みんなには怒られるかもしれないけど、昔はバイクもらってたからね。笑 ま~もらうとなると、かなりやらなきゃならぬコトガラ、たくさん出てくるワケで、これはこれで大変なんだぜ。)

パワーも十分、トルクも十分、制動力も十分。んで、軽いぞ~。

wmatu_crf02.jpg


日曜日は、夜の間に満遍なくサっと散水したような、一年に一度あるかないかくらいの、スーパーベストコンディションだった。

でも、東京が雨だったので、走りに来る人も ぐっと少なく、ちょっともったいないカンジ。苦笑

でも、これはオレがもらったプレゼントかも?(と、勝手に解釈)と、バッチリ走り込んでしまいました。笑笑

今までのバイクは、整備も手をかけてない 05 だったワケだが、これだってもっと巧く走れないとダメなんだ。。!(意外と自分には厳しいのです。笑)と、思っていたが、

やっぱ新型はいい。速くスムーズな分、リズムも出るし、より密度の濃い練習ができるね。

crf01.jpg

crf02.jpg

crf03.jpg

結局この日は、丸一日雨は降らず、寒くもなく暑くもない、最高のコンディションの中練習できました。

さてさて、超少人数でスーパーベストコンディションのガッツ木更津。

エンデューロコースでは、カニ、アキラ、エド の3人が、めちゃくちゃ楽しそうに、気づけば1.5時間も身内バトルしてた。おとなしめな3人だけど、みんな かなり 負けず嫌いな空気だった。笑笑

Cコース(超初心者&初心者子供用)は、ゆーさくさま(笑)の貸切状態でした。

最後の仕上げは、全日本Lさいとーさま(笑笑)と、150稽古。

走り終えて、あそことここを、もうすこし こんな風にするといよ、、とアドバイスすると、『あ~そ~かい』だって・・・稽古の走行で、勝負じゃねーっつーのに、、苦笑。このヒトも負けず嫌いだな。。と。。
11:22  |  W松のひとりごと  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.05.14 (Thu)

運命って何なんだろう

オレは今まで、『死ぬかもしれない』と思った事が、3回ある。

1度目は、17歳の時。小雨がぱらつく中、750で走っていたとき、シールドがどうにも曇って困り、もうだめだとシールドを手でぬぐったら、直前にダンプが停まっていて、まさに危機一髪でよけた時。

2度目は、24歳の時。映画『トラック野郎』の撮影で、スタントマンをやり、パトカーで大ジャンプをするシーンを撮影していたら、のどぼとけの真横を、鉄パイプが通り抜け、シートに突き刺さった時。

3度目は、40歳の時。BAJA1000をXR600で出場中、サンドセクションを全開で走っていて、バランスをくずし、大岩に向かって140キロ近くで接近したが、奇跡的にギリギリくぐり抜けられた時。

今思い出しても、間一髪。『死ぬところだった、、死ぬところだった、、死ぬところだった、、』・・・と、震えながら何度もつぶやくような経験だった。

話し変わって、昔のホームコース。

住んでいる場所は遠いのに、いつも 一番に到着して準備している親子がいた。

お父さんの口数は少ないけど、ノイズな会話をしない人なんで、自分も話していると、落ち着いていい気分になっていく人だった。

ガッツ木更津ができると知ったとき、一番よろこんでいる人でもあった。

ガッツ木更津ができたとたん、もちろん家族で毎週来場してくれ、奥さんはさりげなく戸田を手伝ってくれ、娘は楽しそうにバイクで走り回り、彼ももちろん生き生きと練習しまくった。

一度だけ彼の自宅をたずねたことがあるが、バイク中心の生活を脈々と感じる手作りガレージのある暖かい家で、ホームドラマを見ているような安心した気分になった。

彼の走りは慎重型で、少しずつ確実に上達するタイプ。

今、オレ、このタイプが一番好きだ。年々バイクのポテンシャルもよくなる一方なので、怪我をしないのが、上達への一番の近道といってもいい時代だと思う。

ところがある日 彼の奥さんがオレのところに来て、

『ウチの人ついこの間、癌と診断されて、、、でもね、それを知った一言目がなんだったと思います?え?バイクに乗れなくなる、、、っていうんですよね。苦笑 今日も木更津に来るって聞かないんです・・・』

・・・・と、伝えに来た。。。

木更津に からがら来た彼の姿を見たときに、なぜ来たのか理由がわかった。状態は、極端によくないからだ、、と、オレは思った。。

この日は、まばたきひとつせずに、娘の走りを見ていた。

オレは一日中泣いていた。風が強いから目にごみが入ってしかたないせいにした。。

それから2週間も経たないうちに、横浜に住む彼と親しいW松ファミリーから連絡が来て、『松浦さん・・・見舞いに行っておいたほうがいいです・・・』と。

泣きながら病院に行くと、キチっと正座した彼がベッドの上に居た。

しゃべると苦しそうなので、一方的にしゃべった。

娘さんに対するお父さんのやり方は、必要なマナーやルールだけをきっちり教え、走る事に関しては、自分で考える部分を残している。そのやり方はすごくいいね、健やかに上手になっている。すごくいいよ。

と、伝えると、目をつむって、大きくうなずいた。

その後、目を大きく開けて、オレの周りの景色をじっくり見ていた。一分でも一秒でも、何もかも目に焼き付けておきたいようだった。

その週の日曜日は、ずいぶん前から子供たちが出場する予定だったレースだった。当然彼らも来るはずだった。

W松ファミリー親子みんな本当によくがんばって、楽しく走った。

そして表彰式が終わるころ、奥さんをはじめみんなに『ありがとう』と伝え、彼は亡くなったと伝わった。

バイクでは怪我もなく、慎重なライディングだった。むしろ彼よりも度胸のある走りの娘の姿を見るのが大好きだった・・・

無念で無念で、無念でならない。

とにかく、彼が大好きだったガッツ木更津で、オレなりの『彼をしのぶ会』を開催し、身内で彼の人柄と、バイクライフを語り、彼の家族の次を応援したい、、、。

彼のしっかりした奥さんと娘を応援したい。。。

しかし、毎日 泣いてばかりいるダメなヤツです、、、。
21:58  |  W松のひとりごと  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |